基礎化粧品は自分で作る【使って安心の無添加化粧水】

美容液

ビタミンCで美肌になる

悩む婦人

使うときの注意事項

ビタミンc誘導体が配合された化粧水が多数出回っています。ビタミンc誘導体は非常に優れた美肌効果がある成分です。ただし、人によっては肌に合わない場合もあります。ビタミンc誘導体は基本的に肌を保湿する効果はなく、むしろ過剰な皮脂分泌を抑えるのでマットな仕上がりになります。ニキビ肌、脂性肌の人にはぴったりですが、もともと皮脂の分泌量が少ない人が使用すると、乾燥がひどくなる場合があります。また、敏感肌で肌荒れをしやすい人は、最初は濃度が低めの化粧水を選ぶことをお勧めします。あまり配合濃度が濃いと、肌に炎症が起こる可能性があります。使用していて肌に何か異変を感じたら、しばらく使用を控えることも大切です。

浸透しやすい成分

ビタミンCを誘導体化して肌に浸透しやすく改良した成分が、ビタミンc誘導体です。皮脂分泌の抑制やコラーゲンの合成、メラニンの除去、角質の軟化、ターンオーバーの促進など、沢山のうれしい効能があります。化粧水には水性や両性のビタミンc誘導体が使われていて、クリーム系には油性のビタミンc誘導体が使われています。水性は素早く皮膚深層部まで浸透します。油性はじっくり浸透して効果が持続するのが特徴です。イオン導入マシンに使う化粧水としても、ビタミンc誘導体がお勧めです。イオン化しやすい成分なので、導入するとそのままつけるよりも効き目が高くなります。エステなどのイオン導入でもビタミンc誘導体が使われています。ビタミンc誘導体含有の化粧品は今後も多数開発されていくでしょう。

Copyright© 2016 基礎化粧品は自分で作る【使って安心の無添加化粧水】All Rights Reserved.