基礎化粧品は自分で作る【使って安心の無添加化粧水】

髪を上げた女性

添加物を入れないケア

鏡を見る女の人

市販のものが肌に合わないという人は精製水を化粧水として使用する人も多くいます。その精製水からハーブを加えることで無添加の化粧水が出来上がり、ハーブから出てくる効果によって肌にやさしい効果を与えて使うことができるようになります。

詳細を読む

基礎化粧品は自分で作る

女の人

自分の肌に合うもの

最近は敏感肌という人が多くなっています。スキンケアをしたくても、ドラッグストアやバラエティショップ、化粧品専門店などで販売されている化粧水で、なかなか自分の肌に合うものが見つからずに困っているという人の話はよく聞きます。そしていざ自分の肌に合うものが見つかったとしても、販売低下となればメーカー側の判断で、その商品が廃盤となり販売しなくなることもあります。そうなってしまえば、再び自分の肌に合うものを探していかなければなりません。そのような苦労をする前に、自分で化粧水を作ってみると良いかもしれません。自分で化粧水を作って使う人は増えてきており、無添加で肌に優しく使いやすいといいます。作り方も簡単で、材料もドラッグストアで安く用意できるので誰でもできるものです。

精製水とグリセリンで作る

無添加の化粧水を作るために必要な材料は、精製水とグリセリンです。これを混ぜるだけで、無添加の化粧水ができあがります。しかし、市販で販売されているように、ヒアルロン酸やビタミンなどは配合されていないため、アンチエイジングや美肌効果を引き出す力があるものではありませんが、保湿効果を保つには基礎化粧品として十分機能のあるものです。もし、少しでも効果を高めたいと考えるのであれば、無添加の化粧水に少し材料を足すと保湿効果を上げることができるようになります。たとえば、肌に良いハチミツをスプーン1杯加えると抗菌効果やビタミンを取り入れることができるようになりますし、アロエを入れてつけるとアロエ成分を含めた化粧水が出来上がります。そのほかアロマオイルの1滴たらすと香りの良い化粧水が出来上がったりと、何か少しだけ足すことでより良い化粧水に仕上げることができます。

ビタミンCで美肌になる

悩む婦人

ビタミンc誘導体はビタミンcが原料の化粧品の成分です。ビタミンc誘導体入り化粧水には皮脂を抑える効果があり、ニキビ肌の改善ができます。ただし、乾燥肌の人は乾燥がひどくなることがあるので、濃度が低いものを使うことをお勧めします。

詳細を読む

肌を綺麗にする

美容液とクリーム

美しく若々しい肌を維持するためには、肌の老化に努めなければ行けません。そこで最近注目を浴びているのが、ビタミンc誘導体と呼ばれる成分を含んだ化粧水です。この成分は肌になじみやすく浸透しやすい成分なので、肌の老化防止に多大な効果を発揮してくれるでしょう。

詳細を読む

Copyright© 2016 基礎化粧品は自分で作る【使って安心の無添加化粧水】All Rights Reserved.